身体操作エクササイズ

トレーニングは身体を変化させるうえで非常に有効です。
ですが、身体の持っている機能を阻害する場合も勿論あります。

身体にとって必要な動きを取り入れ怪我をしにくい身体作りは重要です。
基本筋肉は硬くなりやすい性質を持っています。
まずは自分自身の身体はどうなっているのか?得意な動きや苦手な動き等の特徴を捉えてみてはどうでしょうか?
同時に生活スタイルを見直すことで、あなたの課題が見つかります。
(例:デスクワークが多い仕事、肉体労働で決まった部分を酷使しすぎてしまう等。)

動きやすい身体作り、日常生活動作のスムーズ化、スポーツパフォーマンスの向上、怪我の予防などに身体操作エクササイズは効果を発揮します。

肩甲骨をコントロールする立甲を獲得する。立甲の獲得で腰痛・肩こり予防は勿論、スポーツパフォーマンスの向上にも役立つ。
BodyDesignProject 戸川 立甲
Cat & Dog
ストレッチ・ポールを用いたハムストリングス筋膜リリース
ストレッチ 腰痛予防体操
プレッツェル動画
コモドストレッチ動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする